桜満開の夢

桜が満開です。1年に一度の良いシーズンです。
桜満開の中での瞑想を一つ。

「きれいな桜ね、満開だわ、ね」
ママと二人で桜満開の公園のベンチに座っている。僕は、黙っていたが、
少し体に武者震いが走った。桜は咲いてもまだ少し肌寒いのだ。
「あら、もしかしてお漏らし?、少し寒くて体が冷えたかな」
ママは僕のおむつカバーの中に手を入れると、やっぱりという顔で
やさしく微笑んだ。
「おしっこお漏らしね、大丈夫よおむつ替えましょうね」
ママはベンチから立ち上がると僕をベンチに横に寝かせます。
「パチ、パチ」
布おむつをたくさん抱えてるオムツカバーのホックが一つずつ外されます。
プーンとアンモニアの臭いのする布おむつを外すと
ウェットティッシュできれいにしてくれます。そしてシッカロールで
僕の大事なものとお尻は真っ白になります。そこへハラハラと1枚の桜の
花弁が落ちて来ました。
「あら、白いシッカロールの中に桜の花びらが一枚だわ、あらもう1枚、きれい」
ママは感激して僕の下半身をじっと見ています。
「そうだ、このままおむつを当ててしまいましょう、桜の押しおむつだわ、
次のおむつ交換の時に桜の花びらが出てくるのが楽しみだわ」
ママはそのまま桜の花びらをそのままにして布おむつを当てて、おむつカバーを
閉じていきます。

周りには桜の花びらだけ、僕とママの楽しい桜に囲まれたおむつ交換のひと時でした。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記