赤旅館(芥川秀一)

小説 赤旅館を掲載しました。

夕刻、近くには1件しかなかった旅館に泊まることになった。そこで、幸か不幸か、偶然にいや必然的に奇妙な体験をする。それは強制的な赤ちゃん体験だった。しかし潜在的に潜んでいた赤ちゃん返りの本能が芽生えてしまう。
どんな旅館でどんな赤ちゃんの経験をしたのだろうか。それでは、行ってらっしゃいませ。

 赤旅館

約18,000文字、原稿用紙25枚の旅です、一泊です、行ってらっしゃいませ。

ベビーメート NO.81に掲載されました。

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学